正しい塗り方

日焼け止めを使うことによって確かに紫外線の影響を防ぐことはできます。ただし、それは正しく日焼け止めを使った場合です。正しく利用することができなかったならば、日焼け止めの効果をしっかりと得られることはないでしょう。

まず、日焼け止めを使う前にはしっかりと化粧水や美容液を使ってください。これによって肌の状態を整えておくのです。こうしないと、実際に日焼け止めを使ってみてもすぐに落ちてしまう可能性があります。また、肌に日焼け止めを塗る際には、ムラが生じないようにしてのばしていきましょう。リキッドタイプを使っているならば、少量を手のひらにとってから、それを肌の上にのばしていくようにしましょう。肌に擦り込むようなことをしてはいけません。できるだけ優しく丁寧に使用していきましょう。

また、日焼け止めは基本的に2時間から3時間程度で塗り直すべきです。一度塗れば一日中ずっと効果を発揮するというものではありません。汗で取れてしまう可能性があるからです。つけ直す頻度を上げることによって、より大きな効果を得られるようになるでしょう。

以上の点に気をつけながら日焼け止めを使ってください。そうすれば、日焼け止めの効果を存分に発揮できるでしょう。

 
 

Copyright © 日焼け止めを効果的に塗るには? All rights reserved.